• JPN
  • CHN
  • KOR

FAQ

新採血デバイスについて

Q. 通常の血液検査と指先からの血液検査の違いは何ですか?

当社の採血デバイスは病院以外の場所でも、ご自身で採血が可能となり、指先からの数滴の血液(上腕採血の約1/30~1/80の血液量)で精度の高い検査が受けられます。

Q. どんな項目を調べられますか?

生活習慣病の検査(最大14項目)、肝炎などの感染症の検査、がんの腫瘍マーカーの検査を行っています。

Q. 注射の必要が無いと聞いたのですが、指先は痛くないですか?

指先に小さな穴をあけて採血します。
人によってはチクッと小さな痛みを感じる場合がございますが、注射より身体的な負担は軽減されます。

Q. どこに行けば検査出来ますか?

現在は、血液検査サロン、調剤薬局やフィットネスジムでのサービスが開始されました。今後はクリニックやエステなど、日本各地の様々な場所で血液検査が受けられるサービスが開始される予定です。

Q. 結果はどのように受け取るのですか?

採血された場所でプリントされた結果を受け取ることもできますし、スマホアプリで結果を受け取り、履歴を参照し、ご自身の健康管理に活用することも可能です。

Q. 血液検査ではどのような検査が可能ですか?
塩分濃度やコレステロール、さらには赤血球の量など病院で測るものも可能なのですか?

今は4種類の検査をサービス化しています。
・生活習慣病13項目(糖代謝、コレステロールや肝機能、腎機能に尿酸値を組み合わせた健康診断で使われるセット)
・女性用腫瘍マーカー4項目
・男性用腫瘍マーカー4項目
・B、C型肝炎検査
この他にも一般的な血液検査の項目は検査可能で、ニーズに合わせて順次追加していきます。